単身での引越しサービスの利用について

10月 5th, 2012

単身の引越しでは、費用はあまりかけることなくできます。単身ではあまり荷物は多くないので、自分で梱包などできることは、全て自分でやるようにすると費用を安く抑えられるようになります。こうした引越しサービスはいろいろな業者があるので、比較的安い費用でこのサービスを利用することができます。引越しの業者からいくつか見積もりをとって、良い業者を比較して選ぶようにします。単身では、自分でできることはできるだけ自分でやるようにします。


荷物をダンボールにつめることなど、荷物があまり多くないので自分でもある程度できます。全ての引越し作業を業者に任せることもできますが、その分費用は高くなることを考慮することが必要になります。また、友人や家族や知り合いなどに引越し作業を一部手伝ってもらうことも有効です。こうした作業を、全て業者に任せるようになると、それだけ費用は高くなります。また見積もりを出してもらう際に、かかる費用の詳細などをしっかり確認することが必要です。


引越しは、移動をする距離によってもかなり費用に違いが出てきます。単身では、荷物や比較的少ないことやある程度の時間の融通が効くことが特徴です。大きな荷物としては、冷蔵庫や洗濯機などがあります。男性が一人では運ぶことができない荷物もあるので、注意が必要です。自分でできることは行いできないことは業者に任せることです。大きな荷物については、単品で宅急便を利用して運ぶことも有効な方法です。こうして引越しの料金を少しでも抑えることができます。

単身での引越しを行う場合のコツ。

10月 3rd, 2012

進学や就職、転勤などで、初めて単身、引越しをするという方は多いです。一人暮らしの経験はあったとしても、ひとりで引越し作業を行うのは、初めてということも多いでしょう。単身の場合は、家族での引越しに比べて、準備期間が少なくても済むということはあるでしょうが、一人で作業を行うのは、意外と大変ですし、不安もあると思います。単身での引越しの場合、単身用サービスを実施している業者を探すことが、経済的で便利です。


単身での引越しを行うにあたって、一般的な情報は、不動産屋さんや、インターネットでの事前確認が大切になってきます。インターネットで複数の業者から、見積もりを取ることは簡単ですし、通常よりもネット割引など、利用者にとってお得な価格設定をしている業者も多いです。それと、少しでもスムーズに引越しを進めるために、引越しリストを作ることも有効です。住居を探ための日にちを設定したり、持っていく荷物と、処分する荷物に分けるチェックも大切です。


その他に、運転免許書の住所の書き換えや、住民票の移転、引越し業者の選択など、用意しないといけない事柄は以外に多いですから、引越しリストを作成することは、メリットが多いのです。また一人分の荷物であれば、業者に頼むよりも、自分で行ったほうが、安上がりですから、使わない物は思い切って処分したり、使う頻度が少ないものから梱包していったり、梱包したら箱の中身がすぐに分かるように、明記しておくなど、の準備が大切です。

単身での引越しは自力でも十分に可能である。

10月 2nd, 2012

単身で比較的に荷物が少ない場合は、自力での引越し作業に挑戦してみたら如何だろう。費用を安く済ませる事ができるしマイペースで進めて行くことができる。自力で行う場合にはまず車の手配をしておこう。荷物を沢山詰めるような車がある場合はそれでも構わないが、無い場合はレンタカーを利用したり友人などに借りると良いだろう。レンタカーを手配する場合は早めの行動が大切だ。混雑時期になると予約が増え、希望の日時に借りられない場合がある。


車の手配が完了したら人手の確保を行おう。いくら単身の引越しで荷物が少ないとはいえ、一人で冷蔵庫や洗濯機を運び出すのは非常に大変だ。友人や家族に手伝ってもらうようにしよう。次に引越しの荷造りに必要な道具を準備する。主に必要な道具としては、ダンボールや新聞紙、ガムテープや軍手などである。特にダンボールは沢山使用するので多めに用意しておくようにしよう。ダンボールの購入費を抑えたい場合はスーパーなどで無料で貰える廃材の物を活用すると良い。


道具の準備が出来たら荷造りを開始しよう。荷造りを行う場合は、必ず出番の少ない道具から詰めるようにしよう。先に出番の多い日用品などを詰めてしまうと、後から必要になった場合に非常に困ってしまう。オフシーズンの衣類やタンスの奥にあるような物から詰めていくのが鉄則だ。また、なんでもかんでも詰めるのではなく、必要な物だけを詰める事が大切だ。不要品を除けば荷物も少なくなすり、引越し先での整理も一段と楽になる。頑張って単身での引越しを成功させよう。