単身での引越しは自力でも十分に可能である。


単身で比較的に荷物が少ない場合は、自力での引越し作業に挑戦してみたら如何だろう。費用を安く済ませる事ができるしマイペースで進めて行くことができる。自力で行う場合にはまず車の手配をしておこう。荷物を沢山詰めるような車がある場合はそれでも構わないが、無い場合はレンタカーを利用したり友人などに借りると良いだろう。レンタカーを手配する場合は早めの行動が大切だ。混雑時期になると予約が増え、希望の日時に借りられない場合がある。

車の手配が完了したら人手の確保を行おう。いくら単身の引越しで荷物が少ないとはいえ、一人で冷蔵庫や洗濯機を運び出すのは非常に大変だ。友人や家族に手伝ってもらうようにしよう。次に引越しの荷造りに必要な道具を準備する。主に必要な道具としては、ダンボールや新聞紙、ガムテープや軍手などである。特にダンボールは沢山使用するので多めに用意しておくようにしよう。ダンボールの購入費を抑えたい場合はスーパーなどで無料で貰える廃材の物を活用すると良い。

道具の準備が出来たら荷造りを開始しよう。荷造りを行う場合は、必ず出番の少ない道具から詰めるようにしよう。先に出番の多い日用品などを詰めてしまうと、後から必要になった場合に非常に困ってしまう。オフシーズンの衣類やタンスの奥にあるような物から詰めていくのが鉄則だ。また、なんでもかんでも詰めるのではなく、必要な物だけを詰める事が大切だ。不要品を除けば荷物も少なくなすり、引越し先での整理も一段と楽になる。頑張って単身での引越しを成功させよう。

Comments are closed.